Menu

お見舞い=”花を持っていく”は本当に正解?知らないと恥ずかしいマナーを身につけよう。

6月 8, 2017 - Uncategorized

友人や家族が体を壊してしまい、入院してしまった。。そんなとき、お見舞いに伺う際のマナーって知ってる?お見舞いといえばお花!と思っている人がきっとほとんどなはず。でも、病院によっては生花を持っていけなかったり、縁起の悪いお花があるの知ってた?知らないと本当に困る、お見舞いにいくときのマナーをまとめました。

身の回りの大事な人が入院しちゃった。とても心配。

出典: weheartit.com

自分の身の回りの人が体を悪くして入院してしまったとき。いろんな感情がこみ上げてくると思いますが、一番辛くて頑張ってるのは本人自身。お見舞いに行ってあげたいけど、何もわからない..どうしたらいいの?

まずは3つの項目をチェックしよう。

①お見舞いに伺うタイミング

1週間ほど経った頃伺い、当日は午前中を避けた昼食後の午後2~3時頃に設定し面会時間は15〜20分程度におさめるのがベスト。

だいたい入院してから1週間以降が目安です。最もよいタイミングは病状が落ち着き、回復に向かい始めた頃です。見舞う前には、家族や看護師に状況を尋ねてからにしましょう。面会時間は15~20分程度で済ませるようにしましょう。

出典: tatujin.net

出典: weheartit.com

入院している知らせが入ったときって心配するあまり急いでお見舞いに行こうとしがちだけど、相手の事を第一に考えて時間をおくことが大事なのですね。病院名だけでもわかっていれば、事前にHPをチェックしておきましょう。

病院によって「平日AMは検査でNG」など面会時間の違いや、「生花の持ち込みは禁止」など持ち込めるものに細かい制限がかけられていることがあります。最近ではホームページ上で、お見舞いに訪れる方への注意事項や、マナーを病院側で掲載していることもあります。お見舞いに行く前に、一度目を通しておきましょう。

出典: woman.mynavi.jp

②お見舞い品の用意

■定番であるお花。でも注意点もたくさん。

お見舞い品にしてはいけないお花

出典: favim.com

☑赤いバラ…赤が血液を連想させる☑シクラメン…「死苦」を連想させる☑椿・さざんか…花だけが茎から落ちるので「首が落ちる」事を連想させる☑菊…お葬式の花に使われる☑あじさい…色があせると言われる☑白い花…寂しげで、葬式を連想させ、病人の気を滅入らせてしまいます。

※お花以外でこれもタブー。

☑パジャマ…「寝付く」ことを連想させる☑櫛(くし)…「苦死」と同音☑石鹸・歯ブラシなど…長期入院を連想させる☑ぬいぐるみ…喘息の子供には避ける☑現金…数字の4、6、9、13が付く金額は避ける

■お花を選ぶときのポイント

出典: weheartit.com

☑鉢植えの花は避ける(「根付き」である事から「寝付く」と言われ、お見舞いには適しません)☑香りや色の強い花☑花束の本数(4、9、13)に気をつける☑花瓶も用意する(フラワーアレンジメントであれば花瓶の用意が必要ないので◎)

■お花以外でおすすめのお見舞い品

食べ物

出典: weheartit.com

果物やお菓子、缶ジュースもいいですね。ただ賞味期限があるものであるとかえって気を遣わせてしまうので気をつけよう。

出典: weheartit.com

相手の好みがわかっていれば雑誌や漫画、本でもいいですね。図書券でも喜ばれそう。

現金

親戚・親しい友人なら5千~1万円、知人・ 隣近所・勤務先の人なら3千~5千円が目安です。

出典: tatujin.net

出典: weheartit.com

お金に換算してしまうのは難しいし大事なのは見舞う気持ち!選択肢がないときの手段にしたいかも。

③お見舞いに伺うときの服装・エチケット

服装

出典: weheartit.com

服装はあまり派手すぎず、かといって地味にもなりすぎないように。全身黒で喪服みたいなのはタブー。やわらかい色のお洋服を着たい。

ニオイ

出典: weheartit.com

当たり前のことですが、香りの強い香水は避けましょう。というより、お見舞いに香水をつけていかないのがベスト。喫煙者の方も病院に向かう前に吸ったりすることのないように。

おまけ:入院しているときにあると助かるもの

■余暇を快適に過ごすには

出典: weheartit.com

携帯周りだと、充電器はもちろんのこと、普段横になっているからスマホスタンドも便利。音楽プレイヤー、DVDプレイヤー、ノートパソコンはないと困る娯楽アイテムかも。

■快適な眠りを保証するには

出典: weheartit.com

病院の枕が自分にはあわないということもあるので、自分のお気に入り枕や騒がしいときに使える耳栓。また携帯や本を眺めていて目が疲れてしまうのでアイマスクもオススメ。またニット帽があればいざお見舞いにきてくれた友人にあうときでもぼさぼさの髪もカバーしてくれます。

おわりに

出典: weheartit.com

友人や家族が体を壊してしまったときって一番怖くて不安なのは本人自身。そんな病に負けないように、私たちがパワーをあげて元気になってもらわなきゃ!