Menu

ロンドン発!創業200年のHEAL’Sが提案する5つのスタイル

7月 14, 2017 - Uncategorized

1810年に創業

HEAL’Sの創業者であるジョン・ハリス・ヒール氏は、高品質なマットレスの製造販売から事業をスタートさせました。当時、多くの人々はワラを使っていたそうですが、ヒール氏はフランス産のウールでマットレスを作ったのです。

以来、時代に合わせた数々のトレンドを生み出してきたHEAL’S。歴史ある本店の建物内には、伝統とモダンが美しく融合した独特の世界が広がっています。

出典: powercontrol.mihanblog.com

19世紀に建てられたというこちらの建物には、美しいらせん階段があります。1916年に建築家のCecil Brewer氏によってデザインされました。優雅な渦巻きに魅せられて、多くの写真家たちが作品を残しています。

スタイル1:アンブローズ・コレクション

出典: www.heals.com

「AMBROSE(アンブローズ)」とは、創業者ジョン・ハリス・ヒール氏の孫の名前です。アンブローズ・ヒール氏は、1893年にHEAL’Sに関わるようになったそうです。

アンブローズ氏は、19世紀の末から20世紀初頭にかけてイギリスを中心に広がったアーツ・アンド・クラフツ運動(工芸革新運動)の影響を受け、手工芸品を愛したそうです。

HEAL’Sの「アンブローズ・コレクション」は、アンブローズ・ヒール氏から名づけられています。

出典: www.heals.com

「アンブローズ・コレクション」のテーマは、コンパクトであり、多様性があり、高品質であること。現代の暮らしに合わせた薄くて軽いフォルムやデザインが、特徴的です。

出典: www.heals.com

こちらのイスはデザイン界の巨匠フィリップスタルク氏によってデザインされました。そのスタルク氏のデザインに、Misa Joy氏が柔軟なアイデアをプラスしています。

ミルキーホワイトをベースに、ライムイエローやアシッドグリーンといったポップでライトなネオンカラーが合わせられています。イスの背もたれ部分には15本のゴムのバンドが張られています。

スタイル2:インダストリアル・シック

出典: www.heals.com

アメリカのニューヨーク・ブルックリンスタイルとしてもおなじみの「インダストリアル」インテリア。いま流行の「男前インテリア」に通じるところもありますね。実は、イギリスでも人気があるスタイルなんです。

そもそもイギリスは産業革命の地。インダストリアルな雰囲気にはなじみが深いのです。

出典: www.heals.com

インダストリアル・スタイルのポイントは、機能性。工業用品や業務用品などの無駄のないデザインは、機能が備わっていればこそ価値があると考えられています。

インテリアに取り入れたとき、そうしたインダストリアルなデザインは、クールでスタイリッシュなアクセントをもたらしてくれます。

出典: www.heals.com

こちらは「アバカスベッド」と名付けられたクラシカルなデザインのベッドです。「アバカス」はそろばんのこと。ベッドのヘッドボードのデザインが、そろばんのようですね。

ビクトリア朝のシルエットを残しつつ、インダストリアルなスチールで作られたベッドに合わせて、ベッドルームのインテリアもイエローとブラックをリピートしています。

スタイル3:ミッドセンチュリー・モダン

出典: www.heals.com

HEAL’Sの「ミッドセンチュリー・モダン」は、1950年代の北欧家具からインスピレーションを得ているそうです。当時、HEAL’Sは数多くの北欧プロダクトをイギリスに持ち込み紹介しました。

HEAL’Sは、そんなミッドセンチュリースタイルを、さらにモダンにして、現代の暮らしになじむ新しいデザインを生み出しています。

出典: www.heals.com

こちらは「Novak」と名付けられたシリーズです。ヴィンテージ家具のような雰囲気が漂う色味が魅力的です。ゆるやかな曲線を描くベッドのヘッドボードには、クルミ材が使われています。

出典: www.heals.com

オリーブグリーンの大きなソファが存在感を放つリビングです。シンプルなスクエアのコーヒーテーブルは、明るい木目をチョイスして。ソファとともにナチュラルな雰囲気を作り出してくれます。

スタイル4:イタリアン・カントリー

出典: www.heals.com

HEAL’Sでは、手仕事の美しさを大切しています。「イタリアン・カントリー」のコレクションでは、家族がそろって美味しいものをいただく食事の場に注目しています。

テーブルを彩る器は、お気に入りのものをそろえたいですね。食器には、少しずつお気に入りをそろえていく喜びがあります。

出典: www.heals.com

HEAL’Sの「イタリアン・カントリー」では、ラスティックな仕上がりと、素朴な色調、そしてクラシックなクラフトの雰囲気がテーマになっています。そこには、トスカーナの豊かな農場地帯の雰囲気とともに、地中海の風も感じさせてくれます。

出典: www.heals.com

素朴で美しいワイルド・オークの大きなテーブルに、ヨーロッパの田舎パンをのせて。白いボウルはMervyn Gers氏の陶器です。

スタイル5:モダン・ブリティッシュ

出典: www.heals.com

ブリティッシュ・スタイルといわれるインテリアは、クラシカルで重厚な雰囲気の家具が中心です。HEAL’Sが提案する「モダン・ブリティッシュ」は、デザインやフォルムはクラシカルな雰囲気を残しながらも、現代の暮らしに合った素材や色で、軽さを演出しています。

出典: www.heals.com

HEAL’Sの「モダン・ブリティッシュ」コレクションのテーマは、タイムレスであることと手作り、そして英国のデザインの3つです。素晴らしい技術やデザインは、時を超越しますね。

こちらの一室は、ハトが飛んでいる様子をデザインした壁紙と、赤い屋根のドールハウスがフォーカルポイントになっています。飴色の一人掛け用イスは、まさにクラシカルな英国デザインです。

出典: www.heals.com

こちらは「The Pinner collection(ピンナー・コレクション)」と呼ばれるシリーズです。美しさと耐久性を兼ね備えたデザインの家具は、クラシカルなフォルムを活かしたスタイルです。

画像のベッドは、「フォー・ポスター・ベッド」と呼ばれる形です。ベッドの4隅に飾り柱がある伝統的なベッドです。HEAL’Sの「モダン・ブリティッシュ」スタイルでは、足元の柱は取り外しが効くように作られているので、お部屋のスペースに合わせて2つの表情を楽しむことができます。

HEAL’Sの照明

出典: www.heals.com

こちらのお部屋にある照明は、「Junction Grand Chandelier」と呼ばれるものです。どことなくインダストリアルな雰囲気もありますね。

真鍮とシンプルな電球で構成されたシャンデリアは、モダンでシャープな印象です。

出典: www.heals.com

こちらは「Job Copper Table Lamp」と呼ばれるテーブルランプです。トレンド・アイテムの1つであるカッパー色のテーブルランプが、黒いサイドテーブルをクールに見せてくれます。

出典: www.heals.com

こちらもカッパー色のテーブルランプです。上の画像のものよりも、シンプルでそぎ落とされたデザインがクールな印象ですね。ワイヤーバスケットや、ジオメトリックなデザインの小物と合わせて。

出典: www.heals.com

上のテーブルランプの色違いです。こちらはマットブラック。光沢のない渋い黒が男前インテリアにもぴったりです。

出典: www.heals.com

こちらは、上のテーブルランプと同じものを、ベッドルームのサイドテーブルに置いています。黒、白、グレーのモノトーンでまとめたシンプルなベッドルームを、ぐっと引き締めてくれています。