Menu

ベッドルームのコーディネート術。真似したくなるコーデ集まとめ

8月 1, 2017 - Uncategorized

和室のベッドルーム、コーディネート集

和室にベッドは合わない?ちぐはぐな空間になりそう?

でも大丈夫♪いくつかのポイントを押さえたコーディネートをすることで、和の空間を活かしながら、洗練された、くつろぎのベッドルームを実現することができるんですよ♪

丸みのあるローベッドで存在感を出して

あえてパッと目を引く、存在感のあるローベッドを真ん中に配置することで、畳の個性と共存させています。頭上から下ろした蚊帳が優雅な空間を演出。

壁とベッドを同系色にして一体感を出す

畳の縁の色と同じく、落ち着いた濃紺の壁とベッドが一体感を出しています。入口から壁までの奥行に広がりを感じせさせますね。

壁に合わせた白を基調に、存在感のある大きなベッドを配置。障子からの柔らかい光が、部屋全体を優しく包み込みます。ベッドにあしらった淡い色合いのクッションと、生成りの風合いの掛布団が畳の色と自然にマッチしていますね。壁に掛けた小さな絵に赤を配色することで、しまりのある空間に。

とことん好きなテイストでまとめあげる!

和室を好きなテイストのもので自由にコーディネートしてみると、意外にまとまりを感じさせてくれるんです!それではおしゃれの達人のベッドルームをのぞいてみましょう。あなたのお好みのテイストのベッドルームが見つかるかもしれませんよ。

こちらはアジアンテイストでまとめた和室。ラグを敷いて、ベッドとの隙間からちらりと畳をのぞかせるという、抜け感が高度なテクニックです。遊び心のあるカラフルな障子紙が、ともすれば主張が強く雑然とがちな部屋をうまくまとめています。

小さい窓からわずかに差し込む光を逆手に取り、こちらはどこか大正モダンを感じさせるベッドルームに。アンティークな家具や照明を配置して、雰囲気を出しています。茶系に黄色のランプシェードがいいアクセントですね♪早くベッドにもぐりこんで小説を読みふけりたくなるような、居心地の良い空間です。

北欧風ベッドルーム、コーディネート集

シンプルな中にも機能性と可愛らしさを兼ね備えた北欧スタイル。真似したいけれど、ベッドルームにどう取り入れたらいいの?という方にはこちら。小物使いや、差し色も参考にして、北欧風コーディネートを完成させてください。

洗練されたシンプルなベッドルーム

テーマとなる白と木の色を基調に、優しい色の小物使いで統一感を出してあります。素朴な木製のベッドすのこと花瓶を置いた台や木の壁飾りが自然の優しさを感じさせてくれます。ファーのラグが温かみを演出していますね。

ナチュラルの中にスチール製品を配置する

シンプルな配色でベッドをまとめたら、周りの小物使いに着目してみましょう。右手のアンティーク調のどっしりとした収納台と相対するかのように、左手に置かれた、スチール製の洗練されたデザインのライトが、一層北欧テイストを醸し出しています。

テーマカラーで引き締める

北欧といえばナチュラルと、美しい色使いの共演ですよね。うるさくなりがちな柄モノや小物を、この部屋のテーマカラーである、濃いブルーの壁が受け止めています。さりげなくデザイン性の高い照明を足元に設置したことで、より北欧らしさが出ています。

6畳部屋のベッドルーム、コーディネート集

1人暮らしでは、限られた空間に生活必需品すべて詰め込まなくてはいけませんよね。でも「6畳は狭い!」とお嘆きの方、そんなことはありません!コーディネートしだいで、こんなにも広く快適なお部屋が作れちゃいます。ベッドの配置に注目ですよ♪

窓際にベッドを配置

朝気持ちよく目覚められそうなお部屋ですよね♪窓際に壁と同じ白を基調としたベッドを配置し、低い家具を設置したことで、部屋の真ん中の空間が開け、部屋が広く見えますね。

ベッド回りを囲むように、壁際にアクセントを配置

ベッドを部屋の隅に配置したことで、スペースと奥行が生まれました。また、壁際の家具やベッドの枕、窓際の置物などのアクセントが、部屋の3方向を意識させ、広がりを感じさせるんですね。

収納をベッドに

こちらも白でまとめた可愛いお部屋。なんと収納棚の上にベッドマットを敷き、そのままベッドにしたという驚きのコーディネートです!更に窓際にベッドを配置したことで、抜群の広さを手に入れています。

とことん好きなテイストでまとめあげる!