Menu

ほんのひと工夫で絶品に♪カリカリフレンチトーストを作ろう

8月 2, 2017 - Uncategorized

絶品カリカリフレンチトースト

ayu18reo

一口食べるとフワフワでジューシー。甘い風味が口いっぱいに広がるフレンチトースト。朝食やティータイムにぴったりですよね。

普通のトーストに比べれば、作るのがちょっぴり大変ですが、それでも一口食べると幸せな気分に浸れるからやっぱり大好き!

出典: food.kihon.jp

そんなフレンチトーストですが、最近あるレシピが話題になっているんです。何でもふわふわジューシーな中身はそのままに、表面がカリカリで香ばしく仕上がるそう。

いつものフレンチトーストと食感は全然違うのに、特別な材料は一切使いません。いつもの材料と何一つ変わらないそう。

出典: food.kihon.jp

同じ材料なのに、どうして表面がカリカリになるの!?

その秘密は牛乳と卵の浸し方にポイントがあります。通常フレンチトーストは、牛乳と卵をあらかじめ混ぜたものに、パンを浸しますよね。カリカリフレンチトーストはちょっと違うんです!

牛乳と卵を分けて用意して、それぞれに浸して作るという方法。一体どんな仕上がりになるんでしょうか?

基本の作り方

出典: cookpad.com

<材料>(1人前)

○食パン(5枚切り)  1枚
 ■牛乳       100ml
 ■砂糖   小さじ2
○卵   1個
○グラニュー糖    適量
○サラダ油      小さじ2

※食パンは厚めのもののほうが、ふんわりするようです。

出典: blog.livedoor.jp

まずは牛乳液を作りましょう。■の材料を深めの耐熱容器に入れて、電子レンジで600w50秒加熱してください。その間に食パンをカットしておきましょう。十字に切って4つにすると食感もよく食べやすいようです。

もちろん食パンだけでなく、硬くなってしまったバゲットなどどんなパンでもOKです。

カットしたらレンジで温めておいた牛乳液に、片面ずつ浸しておいてください。

出典: www.homegrownandhandmadethebook.com

別の容器に卵を割りいれ、よくかき混ぜます。白身がなくなるくらいまでかき混ぜたら、1に入れます。牛乳液が既に染み込んでいるので、卵の付きもいいんですよ♪

両面に卵を染み込ませたら、片面にグラニュー糖を振りかけます。

出典: food.kihon.jp

温めたフライパンにサラダ油とバターを入れ溶かしたら、先程のパンを焼きましょう。

まず、グラニュー糖がかかっている方の面を下にして焼きます。焼いている間に、上のグラニュー糖がかかっていない面にも振りかけておきましょう。

焼き色が付いてきたらひっくり返して両面をこんがりと焼いてできあがりです。

牛乳に先に浸すと、卵の付きがよくふわふわジューシーな食感が際立ちます。さらに後付けのグラニュー糖がいい感じに溶けたあとコーティングされるので、カリっと香ばしく仕上がるんだそうですよ。カリッとふわふわな食感がクセになっちゃいそう♪

食べ方いろいろ

d_matsu

フレンチトーストだけの朝食だと、ちょっと栄養のバランスが心配。そんなときは、たっぷり旬のフルーツをのせていただきましょう。

フルーツは彩りがよくなるだけでなく、食物繊維、酵素、ビタミンとミネラルが豊富に含まれているので、余分な糖質や脂肪の吸収を抑えてくれる効果が期待できるそうですよ。

健康的に食事を楽しみたい方はフルーツを意識的に摂るようにしましょうね♪

dotraindot

疲れたなあ、甘いものが食べた~い!というときはたっぷりのホイップとチョコソースで、パンケーキ風にデコレーションしてスイーツ気分のフレンチトーストに。

ダイエットも気になるけれど……いえいえ明日からにして、甘~い時間を満喫しましょ♪

出典: cookpad.com

牛乳を温めるタイミングで紅茶の葉や粉末ミルクティーの素を加えると、ロイヤルミルクティー風味のフレンチトーストに!

食べるとふんわりと紅茶の香りに包まれる、大人のフレンチトーストです。粉末のコーヒーに替えれば、カフェオレ風味も楽しめますよ。

レシピ「ブルーベリークリームチーズ/チョコレートサンドのフレンチトースト」by イクノ さん

食パンにブルーベリージャムとクリームチーズをはさんでから、液に浸して焼き上げるフレンチトーストです。濃厚なクリームチーズと、甘酸っぱいブルーベリージャムの相性は抜群です。

中にフィリングをはさんで作るフレンチトーストのときは、厚切りの食パンではなく8枚切りかサンドイッチ用の食パンなど薄めのものがおすすめです。

出典: krollskorner.com

今、次世代スイーツとして密かに話題を集めているのが、このロールアップ。これ、実はフレンチトーストなんです!

作り方は簡単なので、おうちで気軽にできちゃいますよ。中にフィリングを入れてくるくる巻いたパンを、フレンチトーストのように液に浸して焼いたらできあがりです。

中にフルーツやジャムをたっぷりと入れれば、外はカリカリで中はジューシーな甘酸っぱいフルーツがたまらない!これなら食べやすいし、おもてなしにもよさそうですね。

出典: cookpad.com

フレンチトーストっをあまじょっぱ系に仕上げると、クセになる味わいでハマりますよ♪海外のホテルの朝食などでは、甘いフレンチトーストにフライドエッグやベーコンが添えられていることもありますよね!

こちらは手軽にあまじょっぱフレンチトーストを楽しめるアイデア。焼き上げて皿に盛る前に、チーズを上にのせてフタをし溶かすだけ。メープルシロップをたっぷりとかけていただきます。

これがとにかくハマっちゃうおいしさ。試してみる価値アリですよ!

レシピ「朝ごはん 『アボカド・チーズ・ハムのフレンチトースト』」by Masumi Oya さん

砂糖を入れずに作るフレンチトーストなら、甘くないのでお食事にもぴったりです。こちらはアボカドとチーズ、ハムをはさんだリッチなフレンチトーストです。アボカドとチーズは鉄板の組み合わせですよね!

砂糖を使わないので、表面がカリカリになりにくいのですが、少し強めの火力で調理すればカリっとした食感が楽しめます。

カリカリフレンチトーストに挑戦

レシピ「カリカリとろ~なフレンチトースト」by りょーーーこ さん

外はカリカリ、中はふわふわジューシーでとろけそう♪2つの食感が楽しいカリカリフレンチトースト。牛乳と卵を分けて浸すだけで難しい工程はありません。今すぐ試せるアイデアですよね!

年末年始は家族でゆっくり過ごす時間が増えますよね。朝食にいつもよりちょっとだけ手をかけて、カリカリフレンチトーストを作りましょう!家族みんなで食べれば、笑顔で楽しい1日がスタートできそう。